ルーレットの攻略法

このエントリーをはてなブックマークに追加



カジノなどに行った際、初心者の人でも簡単に楽しめるのがルーレットです。ルーレットには1~36、0と00の38のポケットがあり、その中の1つの数字を当てれば36倍、複数に賭けた場合にはそれに準じた配当が得られます。1つだけの数字に賭けることを1目賭け、2つに賭けることを2目賭けなど、いくつかに賭けることでこれが増えていきます。いずれの場合でも36倍に準じた倍率となります。これを組み合わせることでルーレットで勝つことができるようになります。

中でも、ベットの仕方を工夫することで勝ちを確実なものにすることが可能です。まずはマーチンゲール法という賭け方です。これは赤か黒、もしくは奇数か偶数の二者択一のベット専用のもので、最初に1ドルをベットをし、負けたら2ドル、また負けたら4ドルと賭けていくというもので、当たれば倍がもらえ、最終的には1ドル勝つというものです。仮に10回連続で負ければ1000ドル以上の負けになりますが、次で取り返せば元を取り返すことが可能です。次に、ピラミッドシステムです。勝ったら前の賭け金より1ドル減らす、負けたら前の賭け金に1ドル足すという賭け方で、元手が100ドルぐらいで済む経済的な賭け方です。この場合は何回か勝ち続けることが条件となり、二者択一、もしくは三者択一、4目賭けなどで遊ぶ際におすすめです。

一攫千金を狙う作戦として、フラワーベットというものがあります。1つの数字にベットをし、その周りを2目賭けなどで固め、それが来たら大変な倍率になるというものです。ちなみにこの場合は1目賭けの36倍、2目賭けの18倍が4つ、4目賭けの9倍が4つの144倍になります。最低9ドル必要ですが、本命の数字で来れば144ドルに、周辺に来ても2目賭け、もしくは4目賭けのいずれかが当たり、当たり続ければ結構な儲けとなります。初心者も簡単に勝つことができるからこそ奥が深く、それでいて工夫のし甲斐があります。